マイカーローン 低金利

マイカーローン 低金利 | カードローンでも購入できます

マイカーローンを組む場合どこでするのか?方法はいくつかあります。できるならマイカーローン 低金利の取り扱いのディーラーなどがいいですね。

 

労金のマイカーローン・JA農協のマイカーローン・各ディーラーのローンなどがあります。さらに最近ではマイカーローンという名称こだわらずにカードローンを利用されている方も・・・そうなんです。マイカーローン・オートローン・自動車ローンなどと呼ばれています。これはディーラーと信販会社が提携しているもので、車購入者がローンを組むと信販会社からディーラーにキックバックが支払われるようになっています。

 

 

 

 

ディーラーローンで組む場合のメリット

購入者の属性や支払い状況などもありますがディーラーローンは一般的に組みやすいと言われています。

 

さらに手続きもカンタンで必要事項だけを記入するだけです。面倒な手続きなどはディーラーが行ってくれます。

 

ローンに通過すればワンラク上のクルマでも乗れますからディーラーでマイカーローンを組む方も多い。

 

一部車種のみキャンペーン金利で1.9%などのローンを用意している場合がある。

 

ディーラーローンで組む場合のでデメリット

販売店のマイカーローンは金利が高い傾向にあります。

 

 

販売店経由でマイカーローンを組むと販売店にバックマージンが支払われます。これは購入者が支払ローンに上乗せされています。ですので通常の金利より高めに設定されています。

 

車検証の名義の所有者はあなたではなく信販会社になるので返済途中で売却したい場合、完済をして【所有権留保】を解除の手続きをしないといけない。

 

ディーラーローンの金利は高い

メーカーや販売店により一概には言えませんがディーラーのマイカーローン金利は高い傾向にあります。
ですが一部キャンペーンをしている場合は狙い目です。例えばホンダなら(キャンペーン期間あり)1.9%などの金利で顧客獲得しているようです。

 

但し全車種ではなく限られた車種です。自分の欲しいクルマならいいですが、そうでない場合は金利が高くなってしまいます。

 

マイカーを購入するならカードローンもおすすめです。ほとんどの融資先が即日回答できますからお急ぎの方には使えるカードローンです。ディーラーで車種決定して契約も済んでディーラーローンの落ちてしまって急いでいる方におすすめです。
ディーラーが使う審査機関とカードローン会社が使う審査機関がすべて同じではありませんので、A社ではダメだったけどB社では審査通過してクルマ購入できたという事例もあります。マイカーローン 低金利を検討の方にはぜひカードローンをおすすめします。

マイカーローンを組む際に知っておきたい基礎知識が、元金均等返済と、元利均等返済という方法です。返済方法の違いを知っておくと、効率的に返済できるようになるため、ご存知ない方は是非とも頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

元利均等返済とは

まず、「元利均等返済」、というのは、借り入れた元金に、利息が付いた合計金額が月々の支払いとなり、それが初めての返済から完済するまでの間、同じ金額でずっと返済していく方法です。普通にローンを組んでいる場合には、この元利均等返済方法がほとんどではないでしょうか。一定の金額を返すといっても、金利が上昇などしてしまえば、月の返済額も高くなってしまうのでちょっとだけ気を付けたいですよね。

 

元金均等返済とは

それではもう一つの、「元金均等返済」、という方法はどのような方法なのでしょうか?元金均等返済方法は、月々の元金部分の返済額がローン返済初回から完済時まで均等になるようにあらかじめ計算した返済方法で、借入れたお金を返済期間で均等に割って計算し、元金部分の返済額を決めるわけです。この方法で行くと、元金部分が月々減っていきますので、利息額も毎回減っていくというメリットがあります!この方法だとお分かりの通り、返済を始めたばかりのときの利息は高いものの、完済時には少なくなっているのです。

 

元金均等返済と元利均等返済、どちらがお得になるかといえば、元金均等返済法のほうがお得になるそうですよ。元利均等返済より元金均等返済のほうが利息合計が少なくなるからです。とはいえ、なかなか金利を初めが高いものにしてしまうと出費がきついと、この方法を選ばない方のほうが多いようです。

 

方法としては、この二つのプランで返済計画を立ててもらうように相談し、金利も払えるとなったらやはり支払総額が少なくなるほうを選んだほうが後々お得といえるのではないでしょうか。プロに計算してもらえば、安心ですよね。

続きを読む≫ 2013/03/04 15:38:04

車のローンを返済中、車を買い替えたいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。が、ローン返済中で車を買い替える場合は、いろんな手続きが発生するのではないでしょうか?ここでは、ローン返済途中の車を買い替える際の手続きについて、触れてみましょう。

 

まず、車の名義が大きく違いが出てきます。どういうことかといえば、車の名義が自分名義、または家族所有となっている場合は、ローンが残っていても手続きはいたって簡単。ディーラーに下取りに出すなり、中古車販売業者に売却するなり自分の意志で乗り換えることができます。問題なのは、ディーラーローンなどを組んでいて、名義がディーラーや信販会社になっている場合です!

 

所有権留保の解除

名義人がディーラーや信販会社になっている場合は、所有権留保、という状態と認識されます。その場合には、返済中の審判会社やディーラーから、承諾を得ないと車を売却したり、廃車にしたりすることができません。

 

承諾を得ると、所有権解除の手続きに入り、車の名義人から譲渡証明書や委任状を送ってもらえれば、あとは名義変更手続きをして車を売却したり廃車にしたりできるわけなのですが…

 

ローンがまだまだたくさん残っている場合、その残金を一括で支払わないと、なかなか難しいのが現状なのです。もう少しでローン完済、という場合は残りを一括で支払ってしまえばよいわけですが、このローンを一括で返済するために、ほかのローン会社でローンを組むというのがまた難しいそうですよ。

 

労金のマイカーローンでは、このような場合のローン組み換えなどの相談に乗ってくれるようなので、気になる方はこういった会社にローンの組み替えを相談してみるのも手かもしれません。ただし、金利などを考えると、当初の予定よりも割高になるのは覚悟しなくてはならないと思います。

 

ローンを組む際に、将来的に数年で乗り換える可能性があるのであればディーラーローンなど名義が自分にならないものは避けたほうが良いといえるでしょう。

続きを読む≫ 2013/03/04 15:33:04

車のローンを組むときに、みなさんは残価設定ローンというローンがあるということをご存知でしたか?

 

 

残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、車を購入してから3−5年後に車を買い取ったとした代金を残価とし、その残価分を車の購入代金から差し引いて、残りの金額を月々返済していくという形をとる方法です。

 

どういうことかといえば、新車で購入すると300万の車だったとして、それを残価設定ローンで契約すると、3年後の車の買い取り価格が150万円としたら、150万円を支払うという形になるわけです。

 

例えば、車両代金300万円の車を残価設定ローンで契約した場合、3年後の車の買い取り価格(残価)が150万円だったとします。その150万円を車の代金として、金利をプラスして月々分割払いする、ということになるわけです。

 

3年後に、そのままその車を乗り続けるのか、売却するのか、買い替えるのかを考えるわけですが、もちろん乗り続ける場合は残価を一括払いあるいはローンで支払うことになるわけです。もちろん、乗っている間に傷がついてしまったり、人気が下がったりと買取価格より下回ってしまうと、その差額も発生してきます。

 

300万円の車を3年間、ディーラーから150万円で車を借りている、と考えればわかりやすいかもしれませんね。実際にはそこに金利が付きますので、1年あたり60万円以上、ひと月5万円台を車のリース代として借りている、という計算になります。

 

結構おいしいと思われた方、ちょっと待ってください!

 

残価設定ローンはあまりおすすめできない

実は、残価設定ローンの場合、300万の車を残価設定プランで購入したとしたら、150万円に金利がかかるのかと思いきや、300万のほうにかかってくるのです。最初に設定してもらった金利は安いと感じるかもしれませんが、実際は結構金利が高くついてしまうわけなんです。

 

はたして、3年後に新車同様で返せる方がどの程度いるのか、というところも疑問ですよね。車が中古車っぽくなればなるほど、査定額も下がってしまいますので、その分、差額が大変なことになりそうですからね。

続きを読む≫ 2013/03/04 15:29:04